【食物繊維たっぷり】オクラをダイエットに取り入れよう【便秘解消】

食物繊維たっぷりのオクラをダイエットに取り入れよう

オクラがダイエットに適した野菜であることをご存知ですか?

夏野菜であるオクラには疲れた体を癒す栄養素がたっぷり。

さらに豊富な食物繊維が便秘解消の手助けをしてくれる万能野菜なのです。

ネバネバ食材が健康に良いという程度の認識で終わらせるのはもったいない。

オクラの良さ、徹底紹介します。

オクラをダイエットに取り入れよう

オクラの旬は6~9月夏場の6~9月が旬のオクラは、夏野菜のひとつに数えられる緑黄色野菜です。

夏野菜には、夏バテの症状に効く栄養素が豊富に含まれています。

免疫力を高めてくれる、βカロチン。

抗酸化作用やアンチエイジング効果を持つ、ビタミンCやビタミンE。

オクラの特長であるネバネバは、食物繊維。

腸の調子を整えて便の排出を促すだけでなく、胃の粘膜を保護して食欲を保ったり、タンパク質の吸収を助けて疲労回復の手助けまでしてくれます。

きれいに痩せるためのうれしい栄養素たっぷりがオクラを、ダイエットに取り入れない理由が見つかりませんよね。

さて、他にはどんな栄養が多く含まれているのでしょうか。

オクラには栄養がたっぷり

オクラの魅力はネバネバだけじゃないそれではオクラの栄養価を見ていきましょう。

エネルギー30㎉亜鉛0.6 mg
タンパク質2.1g
βカロチンA56 µg
脂質
0.2gビタミンB10.09 mg
炭水化物6.6g
ビタミンB20.09 mg
食物繊維5.0g
ビタミンB60.10 mg
食塩相当量0.0 gビタミンB120.0 µg
カリウム60 mg葉酸110 µg
カルシウム92 mgビタミンC11 mg
マグネシウム51 mgビタミンD0.0 µg
リン58 mgビタミンE1.2 mg
0.5g
コレステロール0 mg

文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(7訂)より

数値は可食部100g当たり。太字は多く含まれる栄養素

オクラにはビタミンだけでなく、余分な塩分の排出を助けるカリウムや、骨を丈夫にするカルシウム、マグネシウム、リンといったミネラルも豊富に含まれていることが分かります。

ミネラルは汗と一緒に体外へ排出されてしまいます。

よく汗をかく夏場にオクラを食べることは、不足しがちなミネラルを補給することにも繋がっているのです。

ちなみに

オクラ一本当たりの可食部は6~12g。
一般的に売られている角おくら(切り口が星型のもの)は小ぶり~中くらいなものを選んだ方がよいので、一本当たりおおよそ1/10の数値で捉えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク


オクラのネバネバの正体は

オクラのネバネバ、その正体とは?オクラのネバネバは「ペクチン」「ガラクタン」「アラバン」「糖タンパク」といった、複数の成分で構成されています
「ペクチン」「ガラクタン」「アラバン」は水溶性食物繊維。血中コレステロール、血糖値、血圧の低下に働きかけるので、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの予防効果が期待できます。

そしてネバネバの主成分は、糖とタンパク質が結びついた「糖タンパク」。

タンパク質と結びついているので、厳密には食物繊維とは言えませんが、食品分類上は水溶性食物繊維に分けられています。

これらは以下の働きをしてくれます。

・胃の粘膜を保護して潰瘍を防ぐ

・肝機能や腎機能を強める

・アンチエイジング効果をもたらす

・タンパク質の吸収を助けて疲労を回復してくれる

などなど

ネバネバが体に良いというのは本当だったのですね。

 オクラは便秘に効くだけじゃない

オクラを食べて毎朝すっきり便の通りをよくする、水溶性食物繊維を含む食品の代表格でもあるオクラ。

実はオクラには水溶性食物繊維だけでなく、不水溶性食物繊維も多く含まれています。

オクラを噛んだ時のザクザクした食感を生み出しているのが、不水溶性食物繊維。

よく噛むことで食べ過ぎを防いだり、便の嵩を増して排出しやすくする働きがあります。

さらに食物繊維には、胃の粘膜を保護する、善玉菌を増やして腸の調子を整えるといった効能だけでなく、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の予防に働きかけることも知られてきています。

ダイエットメニューのみならず、健康的な生活を送るためにも、毎日の食事に取り入れたい野菜であることが、よく分かりますね。

オクラをダイエットに取り入れよう【まとめ】

最強のダイエット野菜、オクラいかがでしたか。

なんとなく健康に良いというイメージでみていたオクラの、秘めたる力がお分かりいただけたと思います。

高血圧や動脈硬化といった、生活習慣病の予防にも働きかけてくれるとは驚きでしたね。

それでいてワンネット8~10本入りで100~200円というコスパの良さ。

具材に、薬味に、一品料理にと、幅広くお使いいただけるオクラ。

ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

オクラの栄養を逃さずいただく3つのポイント 選び方 調理法 保存方法 全て教えます

2019年4月28日

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です