【爆笑コスプレイヤー】LowcostcosplayのWiki風プロフィールと公式SNSまとめ

【爆笑コスプレイヤー】LowcostcosplayのWiki風プロフィールと公式SNSまとめ

最近、コスプレ系まとめ記事などでよく見かける、謎のコスプレ外国人。

クオリティの低さを斬新なアイディアでカバーする作品に惹かれた方も多いのではないでしょうか?

彼はlow cost cosplayの名前で活動する、タイのコスプレイヤー。

Wiki風プロフィールや初投稿作品などをまとめました。

スポンサーリンク




low cost cosplayとは何者?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

ドラゴンボール、ナルト、ワンピースに鬼滅の刃と、日本の漫画のコスプレ画像を投稿しているコスプレイヤー、Low cost cosplayさん。

斬新で独特なアイディア、アイテム、アングルで、コスプレ系まとめ記事の常連となっています。

彼は日本の漫画アニメだけでなく、海外のコミックや映画作品、食べ物や動物まで幅広くカバーしており、Facebookで577万人、Instagramで79.5万のフォロワーを持つ、SNS界のスーパーコスプレイヤーなのです。

スポンサーリンク



low cost cosplayのWiki風プロフィール

low cost cosplayさんのプロフィールをWiki風にまとめました。

【PLOFILE】

名前:Anucha Sangchart(アヌチャ サンチャート)

アカウント名:low cost cosplay(ローコストコスプレイ)

生年月日:不明(29~30歳)

出身地:タイ・バンコク

出身校:バンナガール大学

活動歴:2013年12月3日~

好きな言葉:ทำอะไรก็ทำไป ทำตามใจให้มันสุดตรีน(あなたがやりたいことは、なんでもやりなさい)

残念ながら、身長や血液型などの情報は見つかりませんでした。

地元では有名人

地元タイでは有名人のようで、新聞社の取材も受けているようです。

自身の作品に対し「私たちが周りを見回すと、私たちは私たちを幸せにするために何でも使うことができます」「創造性を発揮し、想像力を働かせてください」と語っています。

Instagramには、CM出演動画も貼られていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

スポンサーリンク



low cost cosplayの作品紹介

low cost cosplayさんの投稿は、単に一枚絵をUPするだけではありません。

アイテム画像、加工過程、そして完成画像と元絵の4枚がメイン構成となっています。

この構成にすることで、クオリティの低さを補って余りある着眼点や発想力を楽しめるというわけです。

むしろ、この部分を楽しんでいるフォロワーが多いのではないかと思われます。

その一部をご紹介しましょう。

食品を使った作品

食品の色や形状を頭髪に見立てるのは、彼のお家芸。

漫画のキャラクターだけでなく、実在の人物にだって変身しちゃいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

東南アジアならではの食品も多く登場します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

彼の手にかかれば、ミカンの筋もコスプレ材料に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

動物を使った作品

彼の作品には多くの動物たちが共演しています。

白猫を頭に乗せて、犬夜叉の白髪に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

何とも言えないキジトラの視線が堪らない!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

黒猫のシルエットをドレスに見立てる発想力!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

身の回り品を使った作品

トイレのスッポンが韓流ドラマの衣装に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

扇風機を悪魔の身の能力に見立てる、悪魔的な発想。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

水の屈折を利用して真っ二つを表現!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

合わせ鏡を利用すれば、黒死牟(こくしぼう)にだってなれちゃう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

合わせ鏡が不吉、という感覚はタイにはないのでしょうか?

体を張った作品

コスプレ歴を重ねるごとに、体系もふっくらしてきたlow cost cosplayさん。

その体型を生かしたコスプレも披露しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

ペットのサバトラとコラボした作品も(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

これは痩せていてはできないコスプレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

遠近やアングルを活用した作品

この遠近やアングルを生かしたコスプレこそが、low cost cosplayさんの真骨頂!

これまでに紹介したアイテムとの組み合わせで、難易度の高い表現が可能となっています。

千と千尋の神隠しのパッケージを見事に表現

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

鏡を利用して、斬られたフリーザを表現

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

お鍋を利用してゴムゴムの実の能力も表現!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

鏡を使った一人二役まで!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lonelyman(@lowcostcosplayth)がシェアした投稿

一人二役は、SNS投稿ならではの表現といえますね。

スポンサーリンク



Facebook初投稿作品はドラえもん

ここ最近は鬼滅の刃のコスプレが人気のlow cost cosplayさん。

彼がネット上に作品投稿を開始したのは2013年末のFacebook、アカウント開設時の初投稿作品はドラえもんでした。

อั้ง อัง อัง

Lowcostcosplayさんの投稿 2013年12月3日火曜日

手作り感満載の初々しいドラえもんですが、この時からすでに着眼点の鋭さが伺えます。

スポンサーリンク



 

low cost cosplayの公式アカウント

A P P L E

Lowcostcosplayさんの投稿 2020年11月26日木曜日

 

Lowcostcosplayさんの投稿 2020年11月26日木曜日

low cost cosplayさんの公式アカウントはメインのFacebook、Instagramの他にTwitterが確認されています。

low cost cosplayさんの公式Facebook

原点ともいえるアカウントで、現在も更新され続けています。

食べ物を使ったコスプレの後、ちゃんと食べている画像も載せているところが高ポイント!

low cost cosplayさんの公式Instagram

最近はFacebook投稿のうち、コスプレ作品だけを厳選して掲載。

流行りの作品を楽しみたいならInstagramといったところ。

low cost cosplayさんの公式Twitter

Twitterは投稿数が少ないうえ、2017年で更新が止まっています。

やはり主戦場はやFacebookやInstagramのようですね。

個人アカウントも発見

low cost cosplayさんの本名である、Anucha SangchartさんのFacebookアカウントも発見。

Anucha SangchartさんのFacebookアカウントはこちら

なんと交際中の彼女がいるようですよ!

【爆笑コスプレイヤー】low cost cosplayに交際中の彼女はいる?調査しました!

【爆笑コスプレイヤー】low cost cosplayに交際中の彼女はいる?調査しました!

2020年12月3日

スポンサーリンク



まとめ

斬新なアイディアでコスプレ会を席巻しているlow cost cosplayさん。

これからもアッと驚くネタとアイディアで魅了してほしいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です