【東京オリンピック2021】チケット払い戻しの際に2歳問題は解消されるのか

【東京オリンピック2021】チケット払い戻しの際に2歳問題は解消されるのか

11月以降のチケットの払い戻しが濃厚となった、東京オリンピック2021とパラリンピック2021。

この報道を受け、今春の延期決定の際に沸き上がった2歳問題の議論が再加熱しています。

2歳問題とは何か。そのための救済措置は発表されたのか。

調べてみました。

スポンサーリンク



来夏への開催延期で沸き上がった2歳問題とは

今年3月、オリンピック延期の決定を受けて沸き上がった2歳問題。

オリンピックの入場観戦は「2歳未満(観戦当日)はチケットなし観戦可能、2歳以上(同)が一枚のチケットが必要」となっていることから、開催期間の延期によって「2020年夏に2歳未満だった子供が2021年夏に2歳以上になった場合、チケットの買い足しが発生する」という問題です。

チケットの買い足しに際し、以下の問題が考えられます。

1・今後、チケットの追加販売は行われるのか?

2・家族で揃って観戦するために連番を買ったので、座席が続くように買い足せるのか?

現在、東京五輪の公式HPでは、販売済みチケットの扱いについて以下のように記載しています。

1.既にご購入いただいている観戦チケットの取扱いと払い戻しについて

・既にご購入いただいている観戦チケットは、原則そのままご利用いただけるよう準備を進めてまいります。

・大会が一年延期になったことで、来場が困難な場合等には、希望者に払い戻しを行う予定です。

・上記の払い戻しは2020年秋以降に実施させていただく予定です。詳細な払い戻しの日程や方法に関しましては、決まり次第ご案内させていただきます。

 なお、各国・地域のNOCまたは公式チケット販売事業者を通じて購入された方は、各国・地域のNOCまたは公式チケット販売事業者に直接お問い合わせください。

東京2020オリンピック公式サイトより引用

始めに買った連番のチケットを払い戻し、新たな連番チケットを買うことで、家族で揃って観戦できる座席を確保することは可能といえるでしょう。

しかし、一度手にしたチケットを手放すして追加販売の抽選に挑むのは、リスクが大きいといえます。

続いて、今後のチケット販売について。

2.観戦チケットの今後の販売に関して

・東京2020観戦チケットの販売(公式リセール含む)は、一旦見合わせております。販売方法やスケジュール等を再検討の上、あらためて本ウェブサイト等でご案内いたします。

※なお、オリンピック・パラリンピックの整理券はがき抽選による先行窓口販売の整理券はがき抽選の取扱いについては、現在検討中ですので、決まり次第、本ウェブサイト等でご案内いたします。

東京2020オリンピック公式サイトより引用

チケットの再販については2020年10月25日時点では未定となっています。

そのため現段階では「買い足し自体ができないケース」も想定されます。

スポンサーリンク



Twitterでの反応

この2歳問題に関しては、TwitterなどのSNSでも話題になりました。

そのいくつかのツイートをご紹介します。

今回のようなウイルス蔓延による開催延期は前例がなく、いくら調べても類似例すら見つかりません。

チケット申し込みの時点で、今日のような事態は想定されているはずもなく……。

購入者からは「特例で3歳未満(2歳以下)までは無料にしてほしい」との声が多くみられました。

スポンサーリンク



まとめ

すでに延期の時点で噴出していた2歳問題。

ひょっとしたらチケット払い戻しの公式発表に合わせ、何らか救済措置の発表があるかもしれませんね。

分かり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です