岸辺露伴は動かないをNHKが実写化!全3話のタイトルとあらすじのまとめ

岸辺露伴は動かないをNHKが実写化!全3話のタイトルとあらすじのまとめ

NHKは14日、荒木飛呂彦原作の漫画「岸辺露伴は動かない」を主演・高橋一生で実写化、3夜連続で放送をすると発表しました。

放送はNHK総合で、2020年12月28日から3日連続。時間は22:00~となっています。

今回放送される全3話のタイトルとあらすじをまとめてみました。

スポンサーリンク



岸辺露伴の実写化が決定!放送されるタイトルは?

NHK公式Twitterによると、今回放送されるのは以下の3タイトル。

放送回 タイトル 作品収録
第1回 富豪村 コミック本 岸辺露伴は動かない 第1巻
第2回 くしゃがら 短編小説集 岸辺露伴は叫ばない
第3回 D.N.A. コミック本 岸辺露伴は動かない 第2巻

第2回のくしゃがらは漫画ではなく、短編小説が原作。

荒木飛呂彦氏の描く岸辺露伴の世界観をベースに、新進気鋭の若手小説家5人によって描かれた岸辺露伴シリーズのスピンオフ短編集です。

スポンサーリンク



【第1話】富豪村のあらすじ

移り住んだ者全てが大成功を収めているという村、富豪村。

その村の別荘地の一区画が「800坪・300万円」で出されていることを聞きつけた雑誌編集者・泉京香は、村の伝説の真偽を確かめたい目的もあって、村の土地を買うことを思い立つ。

そこで京香に「次回の読み切りの取材にどうか」と同行を依頼された露伴。始めは難色を示すが、京香の話を聞くうちに興味をそそられる。

それは「ごく平凡な男女11人が25歳の時に村の土地を買い、全員大富豪になった」というものだった。

果たして京香の説得に応じ、富豪村を訪れた露伴は「村の住人はマナーに厳しい。マナーの悪い人には土地を売らない」と釘を刺される。

富豪の屋敷を訪ねた2人は、応接間に通されることとなり……。

スポンサーリンク



【第2話】くしゃがらのあらすじ

行きつけのカフェで仕事をしていた露伴は、同じ雑誌で連載を持つ漫画家・志士十五に捕まり、おしゃべりに付き合わされる。

十五は「新しく担当となった編集者から禁止用語リストを渡された」と切り出し、その中の「くしゃがら」という言葉が気になって調べ始めたのだが、情報が全く得られないのだという。

何か分かったら教えると約束を交わし、十五と別れた露伴。自身でも「くしゃがら」の意味が気になって調べてはみるものの、何の手掛かりも掴めない。

そしてカフェでの会話の一か月後。憔悴しきった十五と再会した露伴は、彼の身に異変が起きていることに気付く。

スポンサーリンク



【第3話】D.N.Aのあらすじ

露伴は、杜王町に住むスタンド使い・山岸由香子から「母の友人(片平真依)のことで相談に乗ってほしいことがある」と依頼を受ける。

それは、片平真依が精子バンクで授かった娘・真央についてだった。

娘の真央には、他人が触れると肌が保護色になってしまう能力や、音を立てずに歩くしっぽが生えているなど、普通の子供とは多くの相違点があり、悩んでいるのだという。

自身のスタンド「ヘブンズ・ドアー」の能力で真央を調査した露伴は「異変は真央の持つスタンドの影響であるため、この放置しても問題なし」と判断。ろくに相談に乗らずに立ち去ってしまう。

この露伴の態度と結果に納得がいかない由香子は、相談の途中で盗み見た「ヘブンズ・ドアーが調べた、父親に関する情報」を真依に伝える。

それから数日後、真依は偶然にも由香子から聞いた情報とそっくりの男性と遭遇。密かに尾行する。

男性が向かった先は、真央が通っている幼稚園だった。

スポンサーリンク



まとめ

ジョジョの奇妙な冒険が持つ世界観を凝縮したようなキャラクター、岸辺露伴。

そんな彼の摩訶不思議な体験を描いた3作品の実写化は、ファンにとって嬉しい報告となったことでしょう。

まだ発表されていない広瀬康一や山岸由香子らのキャスティングにも期待が高まります。

続報が入りましたら更新していきますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です