【アンサングシンデレラ】第6話で遠野倫を演じる山谷花純のWiki風プロフまとめ

【アンサングシンデレラ】第6話で遠野倫を演じる山谷花純のWiki風プロフまとめ

放送回数が折り返しを迎え、物語も佳境へと突入するアンサングシンデレラ。

8月20日の第6回放送では新米薬剤師の相原くるみが、初となる単独での服薬指導を担当することになります。

その担当を受ける患者、遠野倫を演じるのは女優の山谷花純さん。

山谷さんのWiki風プロフィール、略歴、SNSアカウント情報などをまとめてみました。

スポンサーリンク



相原くるみ初の担当患者!遠野倫を演じるのは山谷花純

山谷さんが演じるのは、ひどい生理痛に苦しむ遠野倫(とおの りん)。

遠野は相原くるみ(演・西野七瀬)が、初めて単独で服薬指導をする患者でもあります。

相原くるみの指導通りに服薬するも、体調は改善せず。それどころか、激しい腹痛に襲われ、入院することに。

遠野に対する責任から、新米・相原は大きく成長することとなります。

山谷花純さんコメント

放送開始前から楽しみにしていた作品に出演させていただき、とても幸せです。コロナの影響で蓄えていたさまざまな感情を、芝居を通して放出することができました。私が演じた遠野倫は月経困難症に悩む一人の女性です。病と向き合う過程の中で、正しい知識を得て人に頼る勇気が生まれるまでの成長を見ていただきたいです。他人からしたら、“たかがそれだけ”と感じる悩みも当人にとってはすごく大きな悩みの場合もあります。きっと、多くの女性が抱えるこの病に対して少しでも多くの方々に理解していただけるきっかけになればうれしいです。

アンサングシンデレラ 公式HPより引用

役への意気込みが深いコメントですね。

実は山谷さん、過去には末期がん患者を演じるために自らの頭髪をバリカンで刈り落とし、共演者や監督から大絶賛されているのです。

スポンサーリンク



山谷花純のWiki風プロフィール

山谷さんのプロフィールをWiki風にまとめてみました。

【PLOFILE】

名前:山谷花純(やまや かすみ)

生年月日:1996年12月26日

出身地:宮城県仙台市

身長:162㎝

血液型:O型

趣味:映画鑑賞、散歩

活動歴:2008年~

受賞歴:マドリード国際映画祭2019 最優秀外国語映画主演女優賞

所属事務所:エイベックス・マネジメント

2007年に行われた「俳優・タレント・モデルオーディション(主催・エイベックス)」に自ら応募し、合格した山谷さん。

翌2008年にフジテレビの月9「CHANGE」で女優デビューを果たしました。

2015年、スーパー戦隊シリーズの第39作、手裏剣戦隊ニンニンジャー百地霞 (モモニンジャー)役に抜擢。

これより本格的に女優への道を歩むこととなります。

2018年には、自身の役者生命をかけて応募した「劇場版コード・ブルー ードクターヘリ緊急救命ー」のオーディションに合格。結婚を控えた末期がん患者(富澤未知)を演じるため自らの手で髪を丸刈りにする役者魂を見せつけて、話題となりました。

2019年、主演作「フェイクプラスティックプラネット」では、ネカフェで暮らす貧困女子・シホと、25年前に失踪した女優・星乃よう子2役を見事に演じ分けマドリード国際映画祭2019・最優秀外国語映画主演女優賞を受賞しています。

これまでに戦隊ヒロイン役をはじめ、ヤンキー役、重病患者役、死体役など、幅広い役をこなしている山谷さん。

本作での好演にも期待大ですね。

スポンサーリンク



山谷花純の公式アカウント

山谷さんのアカウントは公式HPの他にTwitterInstagramFacebook2つAmebaブログが確認されています。

山谷花純さんの公式HPはこちら

こちらは事務所の公式ページとなります。

山谷花純さんの公式Twitterアカウント

告知多め。

ちょいちょい混じる素のツイート愛猫まるちゃんが楽しみなフォロワーさんも多いのでは?

山谷花純さんの公式Instagramアカウント

自身の出演作告知だけでなく、鑑賞した映画やアニメのレビューなども。

それにしても愛犬アンちゃんと愛猫まるちゃんが可愛すぎ。

山谷花純さんの公式Facebook(公用)アカウント

2015年あたりの仕事用アカウントのようです。

現在は休止状態

山谷花純さんの公式Facebook(私用)アカウント

プライベート用アカウントのようです。

こちらも現在は休止状態となっています。

山谷花純さんの公式Amebaブログ

出演情報だけでなく、撮影当時の心境などの裏話も収められています。

非常に読みごたえがありますよ。

スポンサーリンク



まとめ

役に対するこだわりの強い山谷さん。

本作では新米薬剤師・相原くるみの初となる担当患者を演じます。

「薬をもらってありがとう」では済まされないアクシデントが告知されているだけに、どのような演技が展開されるのか、今から楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です