【印西市市長選挙】しんどうかなとは46歳差!現職市長板倉正直の政策まとめ

【印西市市長選挙】しんどうかなとは46歳差!現職市長板倉正直の政策まとめ

しんどうかな氏が立候補したことで、俄然注目度の高まった印西市市長選挙。

対立候補不在のまま、再選が確実とみられていた現職市長の板倉正直(いたくら まさなお)氏は、どのような選挙戦を展開するのか?

板倉氏の政策も交え、まとめてみました。

スポンサーリンク



現職の印西市長 いたくら正直のプロフィール

都議会補欠選の過激な仕掛けで一躍有名になり、日本全国に名前を売ったしんどう氏。

一方、現職市長の板倉氏についての報道は、ほとんど見られません。

そこで板倉氏のプロフィールをまとめてみました。

【板倉正直 PLOFILE】

1946年(昭和21年)印西市で生まれる

1975年(昭和50年)印西町議会議員に初当選

以来10期市議をつとめる

2012年(平成24年)印西市長に初当選

2016年(平成28年)2期連続当選

2020年(令和2年)3期連続当選に向けて立候補

印西地区環境整備事業組合 管理者

印西地区消防組合 管理者

印西地区衛生組合 副管理者

印旛利根川水防事務組合 副管理者

長門川水道企業団 議長

公益財団法人 印旛沼環境基金 理事長

趣味:クレー射撃/日本舞踊/自然散策/旧所名跡めぐり

モットー:市民目線、誠心誠意

板倉正直公式HP プロフィールより引用

しんどう氏が生まれる前から、印西市で議員活動をしている板倉氏。

市の抱える課題や問題点などは当然熟知しており、選挙公報で掲げる政策内容でも、しんどう氏を大きくリードしています。

2020年印西市市長選挙の選挙公報はこちら

スポンサーリンク



【印西市市長選】いたくら正直の掲げる政策

15日に発行された選挙公報によると、板倉氏は6つのテーマに分け、それぞれに政策を掲げています。

新型コロナ感染症対策

ひとり親家庭を支援していきます。

教育格差が生まれないように教育環境充実を推進します。

新型コロナにも対応した避難所を各地域に整備します。

子育て支援

待機児童解消ネウボラ設立(※1)

中学生修学旅行費を支援

・第3子からの給食費無料

防災対策

避難所電源多量化

防災井戸・災害トイレ整備

防災拠点 松下山公園へのアクセス整備

教育・文化

計画的学校施設整備充実

ICT教育推進(※2)

成熟した文化まち

まちづくり

中央駅圏複合施設整備(UR跡地の活用)

デキシー跡地活用(木下駅圏の活性化)取得面積 約3.2万㎡

閉校した施設活用 旧永沼小、旧本埜第二小、旧宗像小

北総線利便性向上

印旛中央地区事業化への協力

健康福祉

高齢者補聴器補助

ネウボラ(※1)フィンランド語で出産・育児支援施設のこと。

ICT(※2)情報通信技術(Information and Communication Technologyの略)

以上、かなり具体的な問題を政策として掲げていることが分かります。

高齢者だけでなく、しんどう氏がターゲットとしている若者世代に向けた政策を掲げている点も見逃せません。

詳細は以下を参照ください。

いたくら正直氏の公式HPはこちら

いたくら正直氏の公式Twitterはこちら

Twitterでの発信量は、しんどう氏に劣るものではありません。

スポンサーリンク



印西市長選に対するTwitterの反応

今回も賛否両論を巻き起こした、しんどう氏の電撃出馬。

Twitterでは肯定意見も散見されるものの、否定意見が優勢な印象です。

N国党の選挙戦略に集まる批判も多いようで、ここでは掲載できないような過激発言もチラホラ。

スポンサーリンク



まとめ

奇策で名前を売った北区補欠選とは打って変わり、正統派路線で戦うしんどう氏の訴えは印西市の若者に響くのか?

それとも地元密着で盤石の基盤を持つ板倉氏が3期連続当選を果たすのか?

投開票日は19日、期日前投票も行っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です