しんどうかな(ゆづか姫)のポスターは選挙違反?立花孝志代表が改修を決めた理由

しんどうかな(ゆづか姫)のポスターは選挙違反?立花孝志代表が改修を決断

何かとお騒がせなホリエモン新党から、新たな話題が飛び込んできました。

ゆづか姫こと、しんどうかな氏の選挙ポスターに改修が入るというのです。

しんどう氏のポスターといえば、扇情的なデザインが大きな話題となったのは記憶に新しいところ。

なぜポスターに改修を入れることになったのか? ひょっとして選挙違反なの?

まとめてみました。

スポンサーリンク



しんどうかな(ゆづか姫)氏のポスターは選挙違反?

立花孝志・ホリエモン新党代表が、しんどうかな氏の選挙ポスターを改修すると発表しました。

なぜ改修するのか? 公職選挙法に違反しているからでしょうか?

ずばり、違反ではありません。

公職選挙法によると「ポスターの記載内容は虚偽事項公表罪、利害誘導罪、または刑法や破壊活動法に反するような事柄であれば、法的規制が入る」と規定されています。

そして「これらに関する記載をしない限り、原則として選挙運動の自由があり、表現内容に規制はない」としているのです。

しんどう陣営によると「今回の選挙ポスターは法に触れておらず、選挙違反には該当しないと認識している」とのこと。

ポスターを審査通過させた選挙管理委員会(以下、選管)は「事前にネット上でマスクを使用した形のものであることや、かなり扇情的な内容であることは把握していた」「都の選管と連絡を取り、北区選管から再考を要請した」「候補者サイドからは『法的な規制、根拠があるわけではない』と押し切られた」とコメントしているようです。

スポンサーリンク



しんどうかな氏のポスターに改修が入る理由

違反でないなら、何故しんどう氏のポスターに改修が入ることになったのでしょうか?

これは7月1日、日本共産党・池内沙織前衆議院議員が「#選挙を使ったセクシャルハラスメントに抗議します」をつけた抗議のツイートを投稿し、拡散を呼びかけたのがきっかけです。

このハッシュタグ付きツイートは瞬く間に拡散され、大きなうねりとなりました。

26日のアベノマスク・ブラのポスター解禁後、同様の批判が届いているのでしょう。

しんどう氏は29日、以下の内容のツイートを投稿しています。

しんどう陣営も、ある程度の批判は想定していたのでしょうが、この池内氏の投稿が火に油を注いだ形になったようです。

スポンサーリンク



改修を決めた立花孝志代表のコメント


立花代表は1日夕刻、自身のYouTubeチャンネルにて、今回のポスター改修に関するコメント動画をUPしました。

立花代表は今回の改修について、5つの理由を述べています。

1・しんどう氏を(ネットリンチによって自殺した)第2の木村花さんにしてはならない

2・選管の負担を減らす

3・フェミニスト、共産党への抗議

4・ホリエモン新党の今後を見据えて

5・同じ補欠選(北区)に出馬している天風いぶき氏のポスターに対する問題提起

こちらが、その改修に関するコメント動画です。

立花代表のコメントにもある通り、いくら気丈に振舞っていても、しんどう氏は20代。

初出馬となる選挙で神経をすり減らしているところに、不特定多数からの個人攻撃を受けているのを看破することはできないとのこと。

このまま放置していては精神を病んでしまうばかりか、最悪の事態に発展する恐れも。

常に強気な立花代表の勇気ある決断に、Twitterでは支持の声が集まっています。

もちろん批判や否定的意見も多く寄せられていますが、代表として非を認め、責任を果たそうとする姿勢は立派だと思います。

スポンサーリンク



しんどうかな氏のポスターの作成意図

アベノマスク・ブラのポスターの作成意図を語った、しんどう氏の動画です。

一番のポイントとして、コロナ対策でたくさんのお金を使って、こんなマスク配るだけでいいの?という政権に対する批判、政治的な皮肉を込めて、体を張ってやっています

圧倒的な話題性に加え、安倍政権批判を絡めてくるあたり、地頭の良さを感じさせてくれます。

しかし批判の大きさは想定外だったようで。

スポンサーリンク



まとめ

想像以上の攻撃にさらされ、改修を余儀なくされたアベノマスク・ブラポスター。

この決定はマスコミでも取り上げられ、ある意味では「してやったり」の展開になったともいえます。

とはいえSNSの凶暴性を改めて浮き彫りにした、今回の騒動。

これ以上、誰も傷つかない、誰も悲しませない収束を望むのは、私だけではないはずです。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 私は個人的に応援します。
    政治的な主義主張もしっかりしているし、焦点が定まっている。
    単に「反対」ばかり掲げて、実効性のある代替え案を出さない方よりもよっぽどマシです。
    ポスターは、まずひとの目を引くことに集中したアイデアであり、一理有ります。
    私利私欲の方向を向いた方々に惰性投票をする時代は、終わりにしたいものですね。

  • コメントありがとうございます。
    私も応援していますよ。

    ポスターが気に入らない、こんな奴に任せておけない。

    そう思うなら、他の候補に投票して退いてもらえばいい。
    選挙はノーを突き付ける場でもあると思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です