【東京都知事選挙2020】動物たちを守れ!市川ヒロシの公約政策と経歴まとめ

【東京都知事選挙2020】動物たちを守れ!市川ヒロシの公約政策と経歴まとめ

22名の候補者が入り乱れる、大混戦の東京都知事選挙2020。

景気回復、新型コロナ対策、オリンピック問題、、カジノ誘致など、様々な難題を抱える東京都の都知事選に、風変わりな約束を掲げて出馬した候補がいます。

庶民と動物を守る会・市川ヒロシ氏です。

公約に動物? 政策は何を? 経歴も気になってきませんか?

まとめてみました。

スポンサーリンク



市川ヒロシ氏の公約と政策

選挙公報に「都民と動物に優しい東京に」なるモットーを掲げる市川氏。

出馬会見では「薄っぺらい公約はしない」と前置きしたうえで、以下の4つの約束を掲載しています。

1.動物虐待防止および啓発活動

2.アニマルポリスの設置

3.外食産業、エンターティメントビジネスの復興

4.無駄使いを無くして庶民に分配

「動物に優しい都市づくりが、人にやさしい都市づくりになる」ということなのでしょうか?

選挙公報用の公式HPが設置されていないので、なんとも不明瞭です。

スポンサーリンク



【庶民と動物を守る会】市川ヒロシ氏の経歴

動物愛護に力を入れる市川氏。

その経歴やプロフィールをまとめてみました。

なお同名の漫画家がおられますが、無関係です。

【PROFILE】

名前:市川浩司(いちかわ ひろし)

生年月日:1961~62年生まれ(58歳)

特技:空手初段

学歴:高千穂商科大学

職歴:庶民と動物の会、ディスコイベントプロデューサー、一般社団法人ギルティ理事

出馬歴:

立川や吉祥寺を中心にイベントプロデュースを手掛ける吉川氏。

並行して、動物虐待防止の夜間パトロールや啓発活動も行っているようです。

スポンサーリンク



市川ヒロシ氏の演説動画

都庁で開かれた出馬会見

オリンピックに関しては「予算的には中止にできない。アスリートの立場としては、半端な状態での競技は望まないので中止。結果、延期(が望ましい)」と語っています。

新型コロナ対策に関しては、歯切れの悪い言葉を並べるだけでした。

カジノ誘致には強く反対しています。

ニコ生ネット演説

続いて公示日の夜に行われた、ニコ生動画のネット演説です。

出馬会見とは内容をがらりと変え、自己紹介と活動内容に重きを置いた演説を展開しました。

政権放送

ちょくちょく動物と人間を混同するのがマイナス印象です。

いずれの動画でも庶民を連呼するのが気になりました。

官僚の対義語という意味で用いているようですが「イメージが悪い」「何様?」という拒絶意見もあるようです。

スポンサーリンク



市川ヒロシ氏の公式アカウント

市川ヒロシ氏の公式アカウントはTwitter、Facebook、ブログが確認されています。

しかしFacebookは立ち上げ以降、開店休業状態のようです。

市川ヒロシ氏の公式Twitterはこちら

市川ヒロシ氏の公式Facebookはこちら(投稿ゼロ)

市川ヒロシ氏の公式ブログはこちら

Twitterは出馬に合わせて開設したもので、選挙活動の告知や報告がメインとなっています。

街頭演説の動画も多くUPされていますので、気になる方はチェックしてみて。

スポンサーリンク



まとめ

動物虐待を許さない姿勢を貫き、啓発活動を続けるという市川氏。

何名かの候補同様「宣伝目的の出馬」の可能性が高い候補者です。

ご自身の手掛けるイベント事業も打撃を受け、黙ってはおれずに立ち上がったのでしょう。

いくつかの演説の締めくくりで「選挙を盛り上げよう。これはと思う人に投票しよう」と呼びかけていたのは好印象でした。

投票日は7月5日(日)です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です