【東京都知事選挙2020】押越清悦氏の公約政策と経歴まとめ

【東京都知事選挙2020】押越清悦氏の公約政策と経歴まとめ

過去最多22名の候補者で争われる、東京都知事選挙2020。

変わった政策を打ち出している候補の一人に、押越清悦氏がいます。

しかし決してイロモノではなく、真に訴えたいことがあるようです。

そんな押越氏の掲げる公約や政策は? 経歴や公式アカウントは?

まとめてみました。

スポンサーリンク



押越清悦氏の公約と政策

押越清悦氏の公約

公式HPやTwitterを確認しましたが、公約と銘打った項目は見つけられませんでした

自身のTwitterで公募していたようですが、どうなったのでしょうか?

押越清悦氏の政策

選挙公報では「目覚めよ!日本国の首都東京!!」と題し、以下の3つの政策を掲げています。

1・コロナを越えよう!

2・しがらみのない都政

3・集団ストーカーの無い未来へ

特に訴えたい政策が「集団ストーカーの無い未来へです。

各種演説動画や政見放送などでは、最も時間を割いてアピールしていました。

政策内容を絞り込んだ選挙ポスターにも、しっかりと記載されています。

スポンサーリンク



押越清悦氏の演説動画

今回の都知事選に関する押越氏の演説動画をまとめてみました。

まずは公示日の18日に行われた、ニコ生動画のネット演説です

聞き取りやすく、分かりやすい演説は、6年以上の街宣活動で培われたものでしょう。

肝心の内容はといえば、集団ストーカー問題などの国家犯罪の言及に終始。

新型コロナウイルス対策、オリンピック開催延期問題といった問題には一切触れませんでした。

政策にオリンピック開催を掲げているだけに、都知事選に向けた選挙演説という観点からはもったいなさを感じました。

続いて政見放送(NHK版)の動画です。

現行の政治家批判から始まり、拉致被害問題、集団ストーカー問題などについて熱弁をふるいました。

訴えたいことは伝わってくるのですが、都政かと言われれば違う気がします

供託金300万円を支払ってでも公共電波で訴えたかったことがある、ということでしょうか?

最後は28日に行われた、ニコ生動画の公開討論会(押越氏の発言を抜粋)です。

ここでも訴えたいことの軸はぶれていません。

※ツイートのリンク先にノーカット版がUPされています。

押越清悦氏の経歴

一貫して大きな国家問題に立ち向かおうとしている押越氏。

残念ながら情報が少なく、動画が苦手な方には考えが伝わりにくいのが現状です。

そんな押越清悦氏を少しでも身近に感じられるよう、プロフィールをまとめてみました。

【PROFILE】

名前:押越清悦(おしこし せいいち)

ハンドルネーム:リラックス

生年月日:不明(61歳)

出身地:不明

血液型:不明

家族構成:非公開

好きな食べ物:お肉

学歴:石川県松任農業高校

職歴:NPO法人・Targeted Individuals Japan代表

出馬歴:なし

プロフィールを見ても、あまり個人の情報は開示しない方のようです。

押越清悦氏のインタビュー動画

今回、カンパを募って供託金を用意し、都知事選挙の舞台に上がった押越氏。

注目度の高い選挙で、自身の活動を広く訴えていく方針のようです。

最近あった嬉しいこととして「被害者の方々が協力してお金を集めてくれたこと」を挙げています。

歯に衣着せぬ発言も多い押越氏ですが、良き人柄が表れているインタビューです。

スポンサーリンク



押越清悦氏の公式アカウント

押越清悦氏の公式HPの他に、Twitterのみが確認されています。

押越清悦氏の公式HPはこちら

押越清悦氏の公式Twitterはこちら

またご自身の活動の様子をまとめたYouTubeチャンネルも開設しています。

押越清悦氏の公式YouTubeチャンネル(relax-TV)はこちら

押越氏の訴えに共感された方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク



まとめ

個性的な候補者が名乗りを上げた、東京都知事選挙2020。

押越氏の熱い訴えは、都知事選にはそぐわないのかなといった印象です。

今回の立候補で活動内容の認知が広まれば、また違う形で活動されることでしょう。

投票結果が、認知度のバロメーターになりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です