【東京都知事選挙2020】コロナはただの風邪!平塚正幸の公約政策と経歴まとめ

【東京都知事選挙2020】コロナはただの風邪!平塚正幸の公約政策と経歴まとめ

史上最多の22名がしのぎを削る、東京都知事選挙2020。

立候補者名簿の中で、思わず目を止めたのがYouTuberの肩書を持つ平塚正幸氏です。

ついに職業YouTuberが立候補するのかと驚いていたら、もっと驚く訴えが。

公約と政策で何を訴えた? その経歴は?

まとめてみました。

スポンサーリンク



【東京都知事選挙2020】平塚正幸氏の公約と政策

「コロナはただの風邪」の印象しか残らない選挙活動を展開する平塚氏。

それ以外に掲げる公約や政策はあるのでしょうか?

平塚正幸氏の公約

選挙公報などを見ましたが、公約と思われる個所は見当たりませんでした

「コロナはただの風邪」の主張が強すぎて、他の情報が届かないのはマイナスではないでしょうか。

読み取るなら「自粛は解除」「新しい生活様式は行わせない」といった辺りが公約となりそうです。

もぐお
他にやることがあるだろ?と突っ込まれるのも無理はないなあ

平塚正幸氏の政策

選挙公報、選挙ポスター、選挙カー、あらゆるところに「コロナはただの風邪」と大きく記載しているだけの平塚氏。

一点集中型の訴えを展開していますが、他を疎かにしているわけではないようです。

自身のYouTubeチャンネルで主張している新型コロナ関連以外の政策は以下の通りです。

・外国人参政権反対(完全排除ではない)

・武力は必要、専守防衛はあり

・消費税ゼロ(消費税は罰金。購買意欲を妨げ、景気を後退させる元凶)

・最低賃金は物価に連動した変動制

・5Gには反対

・オリンピックは有観客試合で開催(自粛ムード払拭、地方復興を兼ねて)

・土着文化やお祭りの復興。地方創生(文化の継承)

2014年から社会活動家YouTuberとして発信しているだけに、練り込まれた自論を展開しています。

詳しくはこちらから

スポンサーリンク



【コロナはただの風邪】平塚正幸氏の演説動画

6年以上の発信歴を誇るだけあって、積極的にメディアを活用している平塚氏。

さて、どのような発言をしているのでしょうか?

平塚正幸氏の出馬会見

泡沫候補の中では、珍しく出馬会見を行った平塚氏。

新型コロナはインフルエンザよりも毒性が低く、ゆえに自粛は免疫力を下げる行為であり、逆に病気になると訴えています。

景気対策やオリンピック問題には全く触れられていません。

主張はひとつ、コロナはただの風邪。

ニコ生動画のネット演説

公示日の18日に行われた、ニコ生動画のネット演説です。

ここでも主張は、コロナはただの風邪。

メディアの偏向報道を指摘し、コロナ騒動は作られた騒動であると訴えています。

平塚正幸氏の政見放送(NHK版)

やっぱり主張は、コロナはただの風邪。

この主張を起点に「コロナ騒動は政府とマスコミ情報操作」「スーパーシティ法案のために騒動を起こした」といった持論を展開しました。

その裏には「コロナ前の生活を取り戻す」という主張が隠されています。

スポンサーリンク



平塚正幸氏の経歴

「コロナはただの風邪」

この主張を持つに至ったルーツは、どこにあるのでしょうか?

そこで平塚氏の経歴をまとめてみました。

【PROFILE】

名前:平塚正幸(ひらつか まさゆき)

生年月日:1982年1月1日(38歳)

出身地:千葉県船橋市

学歴:明治大学法学部中退

職歴:社会活動家YouTuber(2014年1月~)、国民主権党党首

友達と密になって遊ぼうの会会長(経歴放送より)

出馬歴:2019年参院選選挙 千葉選挙区より立候補

医療分野を学んだ経歴でもなく、医療関係の仕事に従事していたわけでもない様子。

「コロナはただの風邪」のソースがどこにあるのか、知りたいところです。

ちなみに2019年の参院選(千葉選挙区)では定数3に6名が立候補、5位で落選しています。

スポンサーリンク



平塚正幸氏と国民主権党の公式アカウント

職業を政治活動家として申告している平塚氏だけに、ネット媒体を複数持っています。

平塚氏個人と国民主権党、それぞれでTwitterとYouTubeチャンネルが確認されています。

平塚正幸氏の公式アカウント

こちらはご自身の思想、候補者としての活動内容が投稿されています。

平塚正幸氏の公式Twitterはこちら

平塚正幸氏の公式YouTubeチャンネルはこちら(さゆふらっとまうんど)

国民主権党の公式アカウント

こちら選挙活動の告知や報告がメインです。

平塚氏の党首を務める国民主権党の公式Twitterはこちら

平塚氏の党首を務める国民主権党の公式Twitterはこちら

今後の選挙ボランティアをお考えの方はチェックしてみましょう。

スポンサーリンク



まとめ

コロナはただの風邪。

この主張を軸とした選挙戦を戦っている平塚氏。

「逆張り」「根拠がない」「外国の惨状を見ろ」などの批判も多く見られますが、軸は全くぶれていない様子。

その真摯な訴えに、支持者が増えてきているとの声も。

平塚氏の得票数が「コロナはただの風邪」に賛同した有権者の数とするならば……。

審判の日は7月5日(日)です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です