【東京都知事選挙2020】新型コロナの治療薬?石井均氏の経歴と公約政策まとめ

【東京都知事選挙2020】石井均氏の経歴と公約政策まとめ【政見放送なし】

過去最大の22人の候補が名乗りを上げた東京都知事選挙2020。

玉石混交の候補者が入り乱れる中、選挙公報で「新型コロナウイルスの治療薬と予防薬を発明した」とぶち上げた候補がネットを賑わせています。

18番目の立候補者、石井均氏です。

経歴は? 公約と政策は? SNSでは何を発信しているの? 新薬発明の真偽は?

まとめてみました。

スポンサーリンク



【東京都知事選挙2020】石井均氏の経歴

まずは石井均氏のプロフィールをご覧ください。

【PROFILE】

名前:石井均(いしい ひとし)

生年月日:1964年(昭和39年)8月15日(55歳)

出身地:愛知県稲沢市

学歴:昭和58年3月 愛知県立瑞陵高校卒

   昭和63年3月 香川大学経済学部卒

   平成20年3月 名古屋大学大学院経済学研究科卒

職歴:東海銀行

   名古屋大学研究員

   大学非常勤講師

資格:日本証券アナリスト協会検定会員

   ファイナンシャルプランナー2級

学会:日本金融学会

出馬歴:2019年参院選に愛知県選挙区から立候補

金融経済方面には強い方のようですね。

それだけに選挙公報にある「新型コロナウイルスの治療薬・予防薬の発明」への説得力が微妙に感じられます。

ちなみに2019年の参院選では定数4名に12名が立候補し、9位で落選しています。

スポンサーリンク



石井均氏の公約と政策

街頭演説や選挙ポスターの掲示といった選挙活動を行っていない石井均氏。

都知事選挙2020に向けた公約は特に発信されていませんが、政策は公式HPで確認することができます。

新型コロナウイルス対策には発明した新薬の導入、オリンピックの開催、都政の見える化、待機児童、待機介護老人、貧困格差、少子化といった問題に取り組む政策を挙げています。

木造住宅密集や教育格差といった独自の視点も見逃せません。

石井均氏の公式HP・東京都知事選挙政策ページはこちら

景気対策に関しては「ポイントは個人消費」とも語っています。

もぐお
新薬の推しが強すぎて、他が入ってこない印象なんだよね

スポンサーリンク



石井均氏の演説動画

公示日に行われた、ニコ生動画のネット演説会に参加していない石井均氏。

街頭演説を行っている映像もないので、都知事選2020に関する動画は皆無といっていいでしょう。

先見放送も収録していませんので、石井均氏の考えを聞くには公式YouTubeチャンネルを視聴する以外にないようです。

石井均氏のYouTubeチャンネルはこちら

石井均氏の公式SNS

東京都民のみなさま、投票日まで1週間と少しとなりました。今日明日に期日前投票をしませんか。私の自己PRをしましょう。私が政治家を目指すと周辺の人に打ち明けると、人間は
権力を持つと、変わってしまう。石井さんは大丈夫よね。石井さんはえらくなっ…

Hitoshi Ishiiさんの投稿 2020年6月26日金曜日

 

石井均氏の公式SNSは先に挙げたYouTubeチャンネルの他に、Twitter、Facebookが確認されています。

石井均氏のTwitter(選挙公報掲載)はこちら

(都知事選が始まってからの更新はなく、Twitterを選挙活動に使っている形跡はありません)

石井均氏のTwitter(公式HPリンク先)はこちら

(こちらのTwitterアカウントには政策などが投稿されています)

石井均氏のFacebookはこちら

(こちらには立候補の理由などが投稿されています)

今回の都知事選2020において、積極的なSNS発信は行っていないようです。

スポンサーリンク



新薬発明の真偽とネット上での評判

と選挙公報に「新型コロナウイルスの治療薬と予防薬の発明」を大々的に載せただけ、選挙活動を大々的に行っておらず、政見放送の収録も行っていない石井均氏。

この一点集中型の主張が響いたのか、一部の選挙マニアの間では注目候補の一人となっているようです。

石井均氏の発明した新型コロナウイルスの治療薬について、厚生労働省に問い合わせた方のツイートを見つけました。

どうやら眉唾物のようです。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか?

経済学の知識を生かした政策を打ち出しているところは好感が持てましたが、新型コロナウイルスの新薬発明の文言が全てを台無しにしている感は否めません。

わざわざ300万円の供託金を支払ってアピールしたかったことが、これなのでしょうか?

Twitterでは泡沫候補を通り越して、色物扱いされている石井均氏。

どのような結果に終わるのか、注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です