【新しいダイエット】ミートファースト・ダイエットに流行の兆し

お肉から食べるダイエット、ミートファーストダイエット

ミートファースト・ダイエット。

文字通り、お肉から食べるダイエットが流行の兆しを見せています。

野菜から食べるダイエット、ベジファースト・ダイエットとやることは同じですが、その根拠はずいぶんと違うようです。

その根拠、詳しく解説していきましょう。

ここがポイント
肉が苦手という人でも始められますよ!

ミートファースト・ダイエットに流行の兆し

肉から食べるだけのダイエットミートファースト・ダイエットは「肉から食べ始めるだけ」という、非常に画期的なダイエットです。

肉から先に食べることで、肉に含まれる栄養素を効率よく摂り込むことができ、いくつかのダイエット効果が期待できます。

1・筋肉をつくる タンパク質

筋肉が増えて痩せ体質にタンパク質には、体内では生成できない必須アミノ酸9種がバランスよく含まれています。

この必須アミノ酸が筋肉を作り出し、基礎代謝を高めてくれるのです。

食べれば食べるほど痩せ体質になるなんて、とても魅力的ですよね。

2・脂肪を燃やす L-カルニチン

L‐カルチニンで脂肪燃焼体内の脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換する働きがあるL-カルニチン。

肉にはこのL-カルニチンが豊富に含まれています。

L-カルニチンが不足すると脂肪の燃焼が足りず、太る原因となってしまいます。

3・造血に作用する 鉄分

鉄分で貧血予防多くの女性の悩みである貧血や冷え性などの改善に期待の持てるミネラル、それが鉄分です。

特に赤身の肉やレバーに多く含まれ、ビタミンCを含む食品と同時に取ることで吸収率がアップします。

食べることを我慢しないだけでなく、うれしい効果も期待できるミートファースト・ダイエット。

これは外食でも役立ちそうですね。

ベジファースト・ダイエットの欠点

ベジファースト・ダイエットの欠点

ベジファースト・ダイエットは野菜から食べ始めることで食物繊維を摂り込み、その働きで糖質の吸収を穏やかにするダイエットです。

糖質を最後に食べることで血糖値の急上昇を防ぐという点では、カーボラストと同じ考え方といえます。

しかし食べる野菜に落とし穴がありました。

例えば根菜。

野菜だからといって食べ過ぎると、思わぬ量の糖質を摂ってしまうこともあります。

糖質を摂りすぎては、ベジファースト・ダイエットの意図である血糖値の急上昇を抑えることができません。

また葉物のような軽い野菜はお腹に溜まらないので、ついつい主食やおかずを食べ過ぎてしまったという失敗もよく聞かれます。

カロリーが高くて太るという先入観から肉を食べないというのも、ベジファースト・ダイエットではありがちな間違いでした。

野菜から食べれば痩せられるベジファースト・ダイエットは、いくつかの条件をクリアしなければならない、間違いの起きやすいダイエットだったといえるでしょう。

スポンサーリンク


ミートファースト・ダイエットのルールは3つだけ

ミートファースト・ダイエットの3つのルールベジファースト・ダイエットが陰りをみせた頃、突如すい星のごとく現れたのが「肉から食べるミートファースト・ダイエット」でした。

ミートファースト・ダイエットのルールは3つあります。

1・肉から先に食べる

2・肉、野菜、主食をバランスよく食べる

3・よく噛んで食べる

たったこれだけ、たったこれだけなんです。

しかも、全ての項目に食べるの文字が入っていますね。

これなら我慢とは無縁そう。

それでは、順を追って説明していきましょう。

肉から先に食べる

肉から食べ始める

炭水化物、脂質と並び、三大栄養素のひとつに数えられるタンパク質。

最近の研究では、三大栄養素の中で食欲を満たす働きがあるのはタンパク質だけであることが分かってきています。

タンパク質を先に食べることで食事量の抑制に期待が持てるのです。

また肉を食べることで、血糖値の上昇を抑えるインクレチンが分泌されます。

食後の血糖値が急上昇すると、なにがよくないのでしょうか?

急上昇した血糖値を下げるため、膵臓からインスリンが追加分泌されます。

糖質は中性脂肪へと変換されてしまい、さらに使い切れなかった血中の中性脂肪は体脂肪へと蓄積されます。

これが太るメカニズム。

肉を先に食べることで血糖値の上昇が抑えられることは、肥満防止に繋がるというわけです。

野菜とのバランスをしっかりと取る

野菜もバランスよく食べるミートファースト・ダイエットは、肉だけを食べるダイエットではありません。

肉から食べ始め、野菜や主食をバランスよく食べるダイエット方法です。

先に述べた通り、肉に含まれる鉄分を効率よく吸収するにはビタミンCが欠かせません。

また皮膚や骨の素となるコラーゲンは、緑黄色野菜に含まれるビタミンが必要となります。

肉、野菜、主食をバランスよく食べることで、太りにくく、かつ肉の持つ素晴らしい栄養素を効率的に吸収できる食べ方といえるでしょう。

よく噛んで食べる

よく噛んで食べる肉は消化吸収に時間がかかるので、よく噛んで食べるようにしましょう。

よく噛むことで胃への負担が少なくなるばかりか、あごの筋肉を使うことで満腹中枢が刺激され、食べる量が減るという副産物もあります。

さらに噛むことで内臓脂肪の燃焼が促され、消費エネルギーが30%も上昇するという研究結果も報告されています。

では、1日どのくらいのお肉を食べればいいの?

では、1日どのくらいのお肉を食べればいいの?一日に摂るべきタンパク質の目安量は、自分の体重×1gとされています。

体重50kgの人なら50gです。

肉の種類

タンパク質の量(100gあたり)

羊肉 マトン

33.4g

牛肉 肩 赤肉

20.2g

牛肉 ヒレ 赤肉

19.1g

牛肉 モモ 赤肉

21.3g

豚肉 肩 赤肉

20.9g

牛肉 ロース 赤肉

22.7g

牛肉 モモ 赤肉

19.5g

鶏肉 ムネ 皮なし

21.3g

鶏肉 モモ 皮あり

16.6g

鶏肉 ささみ

19.0g


文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(7訂)より

三食で分けて食べるので、一食当たりの量はさほど多くありません。

パック売りの肉なら内容量が記載されていますので、確認してから買いましょう。

肉を選ぶ際は、できるだけ脂身の少ないものがベターです。

また、ミートファースト・ダイエットの効果をさらに高めるのが、脂肪の燃焼を促すL-カルニチン。

肉100g当たりのL-カルニチンの含有量は、羊肉(マトン)が最も多く、次いで牛肉、豚肉、鶏肉の順となっています。

ここがポイント
同じ牛肉でも部位によっても含有量が異なります。

赤身の多い箇所ほど多く含まれています。

主食を食べてもいいの?

ミートファーストダイエットではご飯を食べちゃダメなのか?ミートファースト・ダイエットでは、肉から食べ始め、野菜、主食の順から食べ進めることを推奨しています。

この食べ方だと、野菜と主食の順番がベジファースト・ダイエットの順番となり、糖質の吸収を抑えることに繋がります。

糖質の吸収が抑えられれば血糖値の上昇も穏やかになり、太りにくくなります。

なので、食べ過ぎに気をつければ、ご飯を食べても問題はありません。

この食べ進め方はカーボラストと呼ばれ、さまざまな大学や機関で研究が進められている太りにくい食べ方のひとつの答えとなっています。

これもアリ

糖質制限中に主食が我慢できなくなったら、このカーボラストを取り入れてみましょう!

ミートファースト・ダイエットの注意点を3つ

ミートファースト・ダイエットの注意点を3つシンプルなルールで次の食事からでも始めたいミートファースト・ダイエットのですが、いくつかの注意点があります。

1・糖質を含む肉料理は避ける

糖質を含む肉料理は避けるミートファースト・ダイエットを進めていくと、おのずとカーボラストになります。

しかし糖質を含んだ肉料理から始めてしまうと、カーボラストには当てはまらないケースが出てきます。

衣たっぷりの揚げ物、つなぎにパン粉を使ったハンバーグ、皮に小麦粉を使った餃子などなど。

これらの料理を食べてはいけないというわけではありませんが、食べ始めの肉には含ませない方が無難です。

2・食べ進め方に気を付ける

食べ進め方もバランスよく肉から食べ始めるからといって、肉だけを先に食べ、次に野菜、最後に主食という順番で、ひとつを片付けながら食べ進めるわけではありません。

肉から食べ始めた後、途中からは野菜と主食も織り交ぜながら、バランスよく食べ進めていきましょう。

3・タンパク質なら魚やたまごなどでもよい

肉やたまごでも大丈夫ミートファースト・ダイエットだからといって、何が何でも肉を食べねばならないわけではありません。

それでは肉が嫌い、肉は重たいという人には不向きなダイエットになってしまいます。

ミートファースト・ダイエットの要点は、タンパク質から食べ始めるということ。

タンパク質から食べ始めるなら、魚やたまごでも構いません。

L-カルニチンの観点からは劣るかもしれませんが、満腹中枢の刺激という部分では条件を満たしています。

よく噛んで食べることも忘れないで。

ミートファースト・ダイエットに流行の兆し 【まとめ】

お肉を食べてダイエット、それがミートファーストダイエットいかがでしたか。

太りやすいイメージを持たれていた肉が、まさかダイエットに適した食材であるとは思わなかったという方も多かったのではないでしょうか。

注意点はみっつでしたね。

1・肉から先に食べる

2・肉、野菜、主食をバランスよく食べる

3・よく噛んで食べる

次の食事からでも手軽に始められる、ミートファースト・ダイエット。

これからの薄着の季節に向けて、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダイエットの目標を明確にすべき6つの理由

【これから始める方 必見】ダイエットの目標を明確にすべき6つの理由

2019年5月17日

代謝の質を上げると、なぜダイエットがうまくいくのか?

2019年4月15日

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です